矯正治療のはなし

​工藤 泰裕
もくじ内のタイトルをタップすると
本文にジャンプできます

装置と歯並び

私が矯正治療について考えるときは、歯と顎を分けて考えます。 例えば、成人で歯列に凸凹がある症例といっても、以下に示すように上下顎の関係性は様々です。 ①上下顎の前後関係が上顎前突傾向のもの ②上下顎の前後関係が反対咬合傾向のもの ③上下顎の前後関係が正常なもの ③上下顎が共に突出しているもの ④上下顎の垂直的関係が接近しているもの ⑤上下顎の垂直的関係が離れているもの ⑥その他 ざっと考えてもこれだけあります。 当然のことながら、治療方法はそれぞれ変える必要があります。 単に歯列の凸凹を解消するのみならず、上下顎の関係、顎顔面全体への配慮が求められます。実際の臨床では口腔周囲筋、習癖、補綴物その他いろいろな条件があり、治療を複雑にします。 【初診】 18才 女性 検査資料を分析した結果、骨格的な問題はありませんでした。上記③に相当します。 一方、凸凹の程度は著しく、抜歯分析は抜歯判定となりました。 本症例をみて顎が狭いという人がいるかもしれません。 ちまたでは、顎が狭いと理由を付けて(実際には狭くない)、矯正治療に勧誘する歯科医師がいたり、狭くない顎を拡げることで事故が起きています。最初から、歯列の拡大の話しが出たら、気をつけたほうがいいでしょう。 顎の狭さを論ずるには模型分析が必要です。 模型分析で得られた、骨の幅と歯列の幅のデータを平均値と比較して、やっと顎の狭さが判定できるのです。 だから「見た目やレントゲン写真からは顎の狭さは判断できない」のです。 【治療後】 歯列の凸凹は解消され、きれいな歯並び・咬み合わせになりました。 顔の写真は掲載していませんが、もともと綺麗な横

矯正の価値は装置ではない、結果です。

これから矯正治療をはじめようと考えている人が、装置に関心をもつことはわかります。目立たないとか、取り外しだとか、魅力的な言葉に惹かれるのが人情です。 その心理をうまく利用して経営戦略する歯科医院があるので、仕方のないことではあります。 しかし重要なのは、何を使うかよりどう治るか、ちゃんと治るかではないでしょうか。ご自分の症状が、どう治るのかがイメージできるような情報こそ大切です。 また、治療に要する期間が曖昧では困ります。しっかり確認して下さい。 私の施術は以下のとおりです(永久歯列期の本格矯正の場合)。 矯正装置はマルチブラケット装置です。 審美ブラケットを表側に付けるワイヤー矯正と言った方がわかりやすいでしょうか。 治療期間は抜歯・非抜歯にかかわらず18ヶ月から24ヶ月(ごく稀に超えることあり)。 ひと月に一度の受診(治療内容によって二度のことあり) 治療例は様々なケースに対応できるようにブログに多数掲載しています。 ブログは矯正治療の技術解説書ではないので、専門的なテクニックの説明はありません。例えばブラケットポジション、ワイヤーの曲げ方、どの段階でどのワイヤーを入れるか、細かな注意点、コツ、さじ加減を記述することはブログの趣旨ではありません。 したがって、掲載の写真は途中経過を省いて、術前と術後の写真のみです。 【初診時】 17才 男性 検査資料を分析して診断をたてます。 上顎の抜歯、下顎非抜歯でマルチブラケット治療を始めます 【治療後】 治療期間 19ヶ月 装置を外して、保定に移行します。 撮影の都合上、保定装置は外していますが、普段はリテーナーを付けています。 歯

歯科医師選び

歯科医師にもいろんな先生がいます。 私のように矯正治療が得意な人もいれば、そうでない先生もいます。 従って、同じ症例であっても、担当医の考え方ひとつで治療方法が異なることがあります。このことは歯並び・咬み合わせの相談をどこでするかによって、ご自分の未来が変わってしまうことを意味しています。 【初診時】 本症例を例題として、症例のとらえ方の違いを考えてみましょう。 ・前歯が一本飛び出している症例。 はたして、そうでしょうか。違う見方はありませんか。 ・一本を除いて、前歯がたおれている症例。 見方が、逆転しています。 ・顎が狭いので凸凹がある症例。 こう考える先生もいることでしょう。 ・前歯の異所萌出 抜いて、人工物で補うか。 頭部エックス線規格写真をきちんと分析します。診断とは、検査資料を読み解き問題点を抽出することです。本症例は咬み合わせの深い上顎前突症例です。 通法に従って矯正治療をします。 【治療後】 動的治療期間 19ヶ月 咬み合わせの深さの違いが分かりますか。 ピカピカの天然歯、自分の歯、きれいです。 【術前術後の比較】 本症例は私が矯正治療をしましたが、同じ症例であっても先生によって扱い方が異なることは、冒頭にお話ししました。 異なる見解について、もう少し考えてみましょう。 極端な例は歯を細く削って、差し歯にする方法(けしてお勧めできない)。 場合によって向かって右の前歯を抜くかもしれません。医院によってはセラミック矯正と宣伝していますが、この方法は矯正治療ではありません。 良識のある先生は、矯正歯科医宛ての紹介状を持たせてくれるでしょう。 最悪なのは間違った知識によ

口元を引っ込めたい

矯正治療をする動機は、人によって様々です。 八重歯を治したい。出っ歯だ。凸凹が気になる等いろいろです。 人によっては口元を引っ込めたいといった要望もあります。 【初診時】 17才 女性 それ程、歯列の凸凹はありません。 頭部エックス線規格写真など、総合的に判断すると上下顎前突症例です。 セファロ分析では、下顎前歯が平均値に比べて前方6㎜に位置していました。上顎前歯を含めて全体として口元の突出感があります。 抜歯分析は抜歯判定です。 【治療後】 動的治療期間 23ヶ月 歯を抜いたスペースを利用して、上下顎前歯を後退しました。 【重ね合わせ図】 頭部エックス線規格写真 初診                   治療後 実線:初診  点線:治療後 初診と治療後の頭部エックス線規格写真を比較します。 重ね合わせ図を製作することで、歯や顎の移動の様子が見てとれます。 下顎前歯は後退し平均値の位置にのりました。上顎前歯もそれに追従して後退させた結果、唇もさがりました。 初診時のオトガイ部(下顎の先)の皮膚は緊張し薄く張り詰めていましたが、丸みを帯び自然な感じになり、結果として横顔がきれいになりました。 この様に重ね合わせ図は治療効果を判定するうえで、多くの情報を提供してくれます。 一方で、重ね合わせ図から治療上の反省点も見えてきます。 私自身、あの時はこうした方が良かった、この歯はこう動いてほしかった、など気づくことがあります。自分の施した治療を検証することは、たいへん勉強になり次の治療に生かすことができます。 矯正治療の目指すところは、 きれいな歯並び、機能的な咬合、均整な横顔、ピカピカ

乳歯列期の反対咬合が観察でよい理由

「乳歯列期の反対咬合が観察でよい理由」、 最初に結論を述べます。 それは「後でも治るから」です。 実際の症例で検証してみましょう。 【乳歯列期】 本症例は、乳歯列後期または混合歯列前期と言った方が正確かもしれません。 6才 女子 矯正相談のため来院、この時すでに反対咬合の程度はつよいですが、下顎の永久前歯が2本生えたばかりで、6才臼歯はまだ生えていません。 当面、定期的に観察することにしました。 6才の時の口腔内写真。 反対咬合です。 上顎は全て乳歯 下顎は永久前歯が2本生えた。 半年ごとに観察していきます。 【混合歯列期】 8才。 6才臼歯が生えそろいました。 治療をはじめるにあたり、頭部X線規格写真などの資料を採ります。 検査資料を分析、診断、治療方針をたてます。 第一段階:顎の成長のコントロールによる反対咬合の改善 観  察:永久歯交換の誘導 第二段階:機能的咬合の確立 保  定:配列後の観察 【反対咬合の改善】 私は反対咬合の改善するとき、いつも3カ月以内の改善を目標にしていますが、 本症例では約12カ月を要しました。ともあれ、第一段階の目的は達成されました。 観察に移行します。 【観 察】 永久歯の生え変わり、全身と顎の成長状態、むし歯の有無など定期的に観察します。 【永久歯列】 17才 永久歯の大きさは適度なもので、歯列に凸凹は生じませんでした。 また、成長期を経ても、上顎骨と下顎骨は良好な関係が維持され、今後、反対咬合になる心配はないようです。したがって、第二段階治療の必要性はなさそうです。 本症例は6才の時に反対咬合のため来院しました。しかし、すぐ治療せず、6才

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square