​反対咬合症例 
第一段階
​初診時 7才、反対咬合を気にして受診しました。
矯正相談を経て、矯正治療をすることとなりました。
​第一期治療の目的:①上顎前歯の歯軸傾斜を修正し不良な接触を解消、歯の負担過重の除去
         ②反対咬合の改善
​         ライトワイヤー装置にて矯正治療を開始。
​前歯の傾斜軸を修正、目的①・②は達成されました。
その後、​永久歯の萌出をまって第二段階治療へ。この時点の検査資料を分析し診断。
​非抜歯、マルチブラケット治療を開始
第二段階
​動的治療終了し保定に移行。
反対咬合症例の場合、ご本人が成長発育のどの段階にいるのかの見極めが重要です。
適切な時期に適切な治療をすることが求められます。
適切な時期とは:早ければいいというものではない、わたしは原則として乳歯列期の治療はしません。
        遅いのも困る、小学生なったらいちど矯正相談を受けましょう。
​適切な治療とは:原因に対するアプローチこそ正義です。
​        歯性の反対咬合、骨格性の反対咬合、機能的反対咬合、それらの混合型
        わたしは可撤式の床矯正装置や透明の軟質性マウスピースのようなものは使用しません。
掲載の写真は保定装置を外して撮影しています。
尚、矯正治療費は診療案内に掲載しています。
症例は口腔内写真のみ掲載しています。
診断に際しては、検査資料の多角的な分析が必要です。
口の中だけ見ての診断はNG

北海道美唄市峰延本町南2

工藤歯科・矯正歯科医院​

0126-67-2218

ニコニコ イイ 歯