矯正治療のはなし

​工藤 泰裕
もくじ内のタイトルをタップすると
本文にジャンプできます

二段階治療

ヒトの歯列は、乳歯列(期)→混合歯列(期)→永久歯列(期) と成長します。 乳歯列期に不正咬合があったとしても、この時期は治療せず、観察します。 乳歯列に隙間がないからといって、歯列拡大など早期に治療する必要はありません。 混合歯列期は、生え変わりの時期に相当します。 子どもの矯正治療はこの時期から始めます。 永久歯列になり、凸凹の程度によっては必要に応じ、本格矯正を始めます。 矯正治療は成長発育を考慮するため、治療時期を分けて行う場合があります。 今回は、 ある一人の治療例を参考にして二段階治療(二期治療)について説明します。 本症例は3歳の時に、反対咬合を気にして矯正相談に来られました。 (写真が無いのが残念です) 乳歯列の反対咬合ではありましたが、この時期の治療は必要性ありません。 前歯部の生え変わりのときに受診するよう指示しました。 5年後、 前歯の生え変わりに際し、凸凹を気にして再相談しました。 検査・診断を経て、治療方針をたてます。 第一段階:①上顎前歯の配列による機能的障害の除去 ②反対咬合の改善 観  察:永久歯交換の誘導 第二段階:機能的咬合の確立 保  定:観察 【第一段階】 小学2年生 8歳 女子 混合歯列期の前半です。 凸凹や隙間がありますが、現時点で重要なのはそこではありません。 優先順位は反対咬合を治すことです。 反対咬合を放置する危険性についての説明は、ここでは省きます(過去記事参照)。 6カ月の写真 反対咬合は改善されました。 上顎の二番目の歯が斜めのままですが、 反対咬合になっていないのでこの時点では良しとします。 後で治します。 第一段階の目

早過ぎてはいけない、遅過ぎてもいけない

子どもの反対咬合は、適切な時期に適切な治療をしなくてはいけません。 とくに横にズレるタイプは放置することのないようにして下さい。 全ての症例は検査資料を採り、診断をして治療方針をたてます。 今回は、小学3年生 男子 反対咬合症例です。 本症例の治療方針は 第一段階:上顎前歯の配列による反対咬合の改善 観  察:側方歯交換の誘導 第二段階:機能的咬合の確立 保  定:配列後の観察 治療は二段階に分けて、それぞれの時期に行います。 【第一段階】 小学3年生 反対咬合です。さらに、下顎が向かって左にズレています(本人の右)。 術者はズレの原因を正確に把握しておく必要があります。 それによって治療の方法が変わってきます。 第一段階の治療をはじめます。 この時点の目的は反対咬合を治すことです。 【反対咬合の改善時】 2か月後の写真です。 反対咬合は改善されました。この時点で顎のズレも治っています。 第一段階の目的は達成されました。 その後は定期的に観察します。 【観 察】 歯の生え変わりがきちんと行われているか。 再び反対咬合になりはしないか。 むし歯ができてはいないか。 定期的に観察します。 【第二段階】 中学1年生 全ての永久歯が生えそろいました。 歯列に凸凹があります。 この時点でもう一度、検査・診断をします。 マルチブラケット治療をはじめます。 第二段階の目的は機能的咬合の確立です。 【マルチブラケット治療終了時】 動的治療期間は14ヶ月 【初診と治療後の比較】 綺麗で機能的な歯並び・咬み合わせです。 第二段階の目的は達成されました。 この後は保定に移行します。 撮影の都合上、保

埋伏歯 ②

過去記事に埋伏歯①があります、今回は②です。 あなたは、この症例をどう考えますか、一緒に診ていきましょう。 【初診時口腔内写真】 17歳 女子 正面に歯が縦にふたつあります。 過剰歯でしょうか。それと、前歯の形が左右で違います。 向かって右の前歯(本人の左)の先端はやむをえず削ったのでしょう。 向かって左上の第二小臼歯が90度回転しています。 左右の犬歯の位置にある歯は、犬歯ではなく第一小臼歯です。 では犬歯はどこに、先天欠如か、埋伏か。それに反対咬合の傾向があります。 【初診時レントゲン写真】 レントゲン画像で分かりました、両側の犬歯の埋伏です。 埋伏歯を診るときのポイントは、位置と角度です。 この犬歯の状態では、本来の位置に復帰するのは不可能。 ただ、歯列への誘導は出来ると判断しました。 前歯の歯根が埋伏犬歯の接近によって吸収されています。 その他の資料やセファロ分析などから診断をします。 前歯は動揺が著しいことから抜歯、同部位に犬歯を誘導します。 全体としては反対咬合傾向があり、下顎第一小臼歯の抜歯が必要です。 【途中経過】 前歯を抜歯、犬歯の誘導中。 【マルチブラケット治療終了時】 前歯の位置に犬歯を誘導し機能させます。 向かって左の第二小臼歯の回転も修正しています。 下顎第一小臼歯を抜歯、全体的な治療をしています。 【レントゲン写真の比較】 初診時 前歯を抜歯、犬歯の誘導 動的処置終了 【初診と治療後の比較】 矯正治療を施術するにあたり、 大切なのは症例の全体像と患者様の将来を考えることです。 本症例はあくまでも反対咬合症例と捉えるべきでしょう。 (見た目は反対咬合で

顔を造る

前回のテーマは「顔を治す」でした。 矯正治療では、歯の凸凹を治すだけではなく顔の外観も変えることができます。 反対咬合は反対咬合の顔、上顎前突は上顎前突の顔をしておりそれぞれの特徴を有して います。また、口元がもっこりした感じの場合、正しい診断と治療技術によって改善で きます。 今回は上顎前突症例を紹介します。 【初診時口腔内写真】 中学3年生 女子 上の前歯が出ているのを気にして来院されました。 正確な検査、正しい診断をします。 矯正治療をはじめます。 【マルチブラケット治療終了時】 動的治療期間は1年10ヶ月 【頭部X線規格写真】 頭部エックス線規格写真(セファロ)はたいへん重要な資料です。 矯正歯科では必ず撮影します。セファロ分析といって画像を数値化して、角度計測、距 離計測など行いますが、ここでは細かなデータは省略します。 初診時と術後 前歯の違いが分かりますか。 重ね合わせ図で歯の移動と軟組織の変化を検証してみます。 【重ね合わせ図】 初診:実線、術後:点線 1、上顎前歯:5.0㎜ 後退 と 2.5㎜圧下(※1) 2、上唇:  4.0㎜ 後退 3、下顎前歯:3.0㎜ 前方 4、下唇:  3.0㎜ 下方 5、上顎臼歯:3.5㎜ 前方 6、下顎骨: 1.0㎜ 前方 治療効果をまとめます。 上顎前歯の後方移動と下顎前歯が前方移動したことで、上顎前突は解消した。 また、上顎臼歯の前方移動に連動して下顎骨がわずかに前進したことも 有利に働いた。 以上のメカニズムで上顎前突は改善しました。また、唇が歯の移動に追従したことで、 口元の外観も改善されました。美しい横顔です。 今回

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square