矯正治療のはなし

​工藤 泰裕
もくじ内のタイトルをタップすると
本文にジャンプできます

2020/03/30

ひとつの事にこだわり過ぎると、まわりが見えなくなる。

私たちは普段の生活でも経験することです。


このことは矯正治療にも当てはまります。

例えば、歯列に凸凹があり、そこに集中するあまり他の症状を見落してしまうことがあります。

他の症状で特に注意を払わなければならないのは、骨格的な問題があるかないかという点です。歯の問題と骨格の問題は全く別のものなので、視野を広くもって全体像を見失わないようにしなければなりません。

【初診時正面観】

前歯に少し凸凹があります。

 本人は、この程度の凸凹ならいつでも治るかもしれない。と思っていたことでしょう。

はたして...

2020/03/16

歯や顎はどこに移動させればいいでしょう。

あっちか、こっちか、そしてどのくらいか。

矯正治療では、この目標をきちんと決めておく必要があります。

そのためには、精確な検査資料を採得し正確に分析します。

計算はコンピューターがやってくれますが、その数値を解釈するのは人間です。

【プロフィログラム】

全ての症例は、頭部エックス線規格写真(横顔のレントゲン)を撮ります。

下図は、頭部エックス線規格写真を模式的に表して、平均値と重ね合わせたものです。

ここでは患者を赤線、同年齢の平均値を黒線にしています。

また、歯・顎・顔の外観のランドマークを距離計測、角度計...

2020/03/09

あなたは次に示す歯並び・咬み合わせを見て、どう思いますか。

ゆっくりした速度で見ながら、じっくり考えてください。

【A】

私はきれいな歯並び・咬み合わせだと思います。どこにも違和感はありません。 

これくらいきれいだと、笑ってもしゃべっても爽やかこのうえないでしょう。

このブログは「矯正治療のはなし」ですから、ここでタネあかしをします。

これは矯正治療をした後の状態です。もはや最初はどうだったか想像できませんね。

では、最初を見てみましょう。

【B】

矯正治療をする前の状態です。

なんか、へんな感じの歯並びです。

矯正治療をする人としない人の考えの違いは...

2020/03/02

次の二枚の写真は別人のものです。

二人とも見た目が気になるとのことで矯正相談に来られました。

みんな、矯正治療をする一番の動機は「見た目」です。

Aくん                  Bさん

                   

この見た目を治す方法として、自分の歯をここからあっちへと移動させることが出来たらイイと思いませんか。

では、やってみましょう。

歯の動きが分かりやすいように治療前後の写真を左右に対比させます。

【Aくんの場合】

初診                    治療後 

 

 

【Bさんの場合】

 初診...

2020/02/25

矯正治療をする歯科医師に一番必要な資質は診断能力です。

矯正治療は原因にアプローチしてこそ良い治療効果を発揮します。間違った診断によって導かれた「原因」アプローチした場合、それは有害な治療となります。

ただ、トンチンカンな治療行為であっても、疑似改善することがあります。この時、術者は自分の方法が正しいものと思い込み、その後も同じ愚を繰り返すことになるので厄介です。

疑似改善とは私の考えた造語です。

「疑似」とは本物ではないが、見かけが似ていることを意味します。

つまり、間違った治療行為であっても、その手法が強引であったり、または長期に及んだ場...

2020/02/17

歯列に凸凹がある症例をふたつ紹介します。

【症例1】                【症例2】

                   

歯肉の上の方がもっこりしているのが分かるでしょうか。

触診すると犬歯の存在を指に感じとることができます。

犬歯の生える隙間がない状態です。

例えば、この様な状態をみて、顎が狭いと言い出す歯科医師がいるかもしれません。

私はそうは思いません。実際にノギスで計測してみると、顎のサイズは平均的な大きさであるのに対し、一本一本の歯のサイズが大きかった。

結果的に歯のサイズの総和が大きくなり、顎におさまらず凸凹になっていると...

2020/02/03

「歯並び・咬み合わせ」の言葉の意味を確認します。

「歯並び」は歯の並んでいる様のことを言います。

「咬み合わせ」は二者が互いに合わさっている様のことを言います。


実際の症例を使って「歯並び・咬み合わせ」を表現してみましょう。

【症例1】

歯並びが悪い。

【症例2】

咬み合わせが悪い。

【症例3】

咬み合わせが悪い

症例3と症例4は咬み合わせが悪い状態でした。

さらに詳しく言うと、症例2は咬み合わせが反対咬合で、症例3は上顎前突です。

【症例4】

歯並びと咬み合わせが悪い

 上顎の歯並びが凸凹で、咬み合わせが反対咬合の状態です。

【症例5】

歯並びと咬み合わせが悪...

2020/01/27

歯列に凸凹のある症例です。

検査資料を精査した結果、非抜歯で治療可能です。

さて、この症例、よく見るとちょっとだけ違和感があります。

歯の形を左右で見比べていきます。

下顎歯列の写真で、向かって右側の臼歯部に一本だけ形の違う歯があることに気付きましたか。

レントゲン写真で確認してみましょう。同部位にあるのは乳歯です。後続の第二小臼歯は先天欠如です。

【初診】

12才 男子

歯列の凸凹を気にして矯正相談のため来院しました。

向かって右側の臼歯部にあるのは乳歯です。後続の第二小臼歯は欠損しています。

【治療後】

非抜歯でマルチブラケット治療を施術。

治療期間...

2020/01/20

不正咬合であっても、治療をしない人はいます。

それはそれで良いでしょう。何事もご本人の意思が尊重されるべきです。

だだ、どんどん悪くなって行く様を目の当たりにした時には、残念に思います。

学校歯科検診において、反対咬合の症状が去年より悪化している児童に会うときは複雑な気持になります。私は所定の書式に反対咬合であることを記載することは出来ますが、それ以上のことは出来ません。その後、専門機関を受診する・しないはご両親の判断にゆだねられます。

不正咬合は適切な時期に適切な治療をすれば治ります。しかし、なにもしなければ治りません。

適切に治療した症例...

2020/01/14

今回の症例は矯正相談をした後、すぐには治療せず「観察」にしました。

矯正治療は適切な時期に適切な治療をするのがベストであり、そのタイミングを見極めるためには待つことも重要です。

ただし、自分で判断せず矯正歯科に明るい歯科医師に相談して下さい。

【症例1】

3才 男子

上下の前歯が接触せず離れていることを気にしての矯正相談です。

ご両親の心配はよくわかります。しかしこの時点では積極的な治療の必要はありません。

【症例2】

5才 女子

向かって左側(本人の右側)の乳犬歯が逆になっています。

下顎全体が左にズレて、正中もそれに連動しています。

要注意な症例です...

Please reload

最新記事

February 25, 2020

January 14, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square