矯正治療のはなし

​工藤 泰裕
もくじ内のタイトルをタップすると
本文にジャンプできます

簡単な症例などない

たいていの歯科医師は、ワイヤーの曲げ方や装置のことを知りたがります。しかしながら、不正咬合を治すのは針金でもなく装置でもありません。正しい診断が不正咬合を治します。例えばヒトの発生や成長といった基礎的な知識を習得することは診断の精度を上げ、結果的に治療を成功に導きます。 成長期の症例を扱う場合は、ヒトの成長発育に介入することになります。 不正咬合を治すというより、人間を治すといった方が表現がより適切です。子どもの身体は日々大きくなります。その過程は一様ではなく、緩やかに徐々に大きくなる時期と急に加速がつく時期があります。患者さんが成長過程のどの段階にあるか知ることは矯正治療をするうえで不可欠です。成長の段階を知るには成長分析を行いますが、詳しく割愛します。 【本症例の経過】 女子 ①6才   矯正相談 観察へ移行 ②7~9才 観察 ③10才   第一段階:反対咬合の治療   ※写真1 ④11才   観察             ※写真2 ⑤12才   観察   身長150㎝ ⑥13才   観察   身長152㎝ ⑦14~16才 観察 ⑧17才   第二段階:マルチブラケット治療※写真3 ⑨18才   保定             ※写真4 本症例は矯正相談のあと治療せず観察に移行しました(①②)。 注意:骨格性反対咬合の場合は、すぐに治療を始めます。 自己判断しないで受診して下さい。 【写真1 第一段階】 10才の時の口腔内写真。前歯がそろいました。 改善時の写真はありませんが、反対咬合は改善されました。 【写真2 観察】 11才の時の口腔内写真。隙間はありますが咬

成長期の観察には意味がある

私は大抵の場合、「歯並び・咬み合わせ」と表現しています。 歯並びを治しましょうではなく、歯並び・咬み合わせを治しましょうという具合です。 それは「歯並び」と「咬み合わせ」が独立して存在しているのではなく、共存していると考えるから、この二つを合わせて呼んでいます。 その意味で「歯列矯正」の言葉はあまり使いません。そこには咬み合わせの概念が希薄に感じるからです。ただこれは私の気持ちの問題であって、「歯列矯正」という言葉を否定するつもりはありません。 今回は「歯並び」が悪く「咬み合わせ」が深い症例です。 【初診時口腔内写真】 15歳 男子 「歯並び」は凸凹です。「咬み合わせ」は下の前歯が見えないくらい、上の歯が覆いかぶさっています。 向かって右下の歯だけ一本だけ見えるのは、歯肉が退縮しているからです。本来であれば、この部分は歯肉で覆われているはずですが、咬合時の負担過重がこの歯に集中して外傷性の歯肉退縮が生じています。 【マルチブラケット治療終了時】 治療期間は1年11ヶ月 撮影の都合上、保定装置を外していますが普段はしています。 【頭部X線規格写真】 初診と術後 頭部エックス線規格写真は撮影条件を一定にして規格性を持つように設計されています。よって撮影時期が異なっていても、同一人物であれば正確に比較できます。 【重ね合わせ図】 初診:実線 術後:点線 いつもは重ね合わせ図で治療効果の説明をしますが、今回はしません。 今回は成長について考えます。まず言葉の意味を確認しておきます。 「成長とは大きくなる」ことを言います。 本症例は15才男子、成長中なので骨格は大きくなります。骨格の実線

唇を閉じることが出来ますか。

上顎前突症例 成人 女性 【初診時側貌】 横顔です。 著しい上顎前突のため、唇が閉じずらいので普段は唇の隙間から前歯が見えています。 唇を閉じる時は、かなり努力して閉じることになるので、顔の皮膚は引っ張られてオトガイ部(下顎の先)にウメボシ状隆起(皮膚の凸凹)ができます。 図は頭部X線規格写真をトレースしたものです。 【口唇閉鎖不全】 口唇の閉鎖を命じても、歯が見えてしまう。 【初診時口腔内写真】 次は口腔内です。 口腔内写真では、著しい上顎前突の感じが伝わりません。 それは骨格、横顔、唇、皮膚などの情報が口腔内だけでは読み取れないからです。 このことは、口の中だけでを診て診断をしてはいけないという示唆でもあります。 診断の結果、上顎の第一小臼歯の抜歯が必要です。 【マルチブラケット治療終了時】 治療期間は1年6ヶ月。 【頭部X線規格写真】 初診と術後 口腔の白い塊は銀歯などの金属が重なって写っている像です。異常ではありません。 術前術後の頭部X線規格写真を重ね合わせると、何がどう動いたか分かります。これはレントゲン写真にトレーシングペーパーを貼り、歯、骨、軟組織などを写し取って比較します。 【重ね合わせ図】 初診:実践 術後:点線 上顎前歯を後退させる際に重要なことがあります。 それは歯の移動の仕方が傾斜移動か平行移動かとういう点です。 歯根を支点に歯がお辞儀するように傾斜しただけの移動はダメ。 本症例の場合、理想的な移動様式は、歯根も歯冠も同時に平行に移動させること、さらに根尖方向に歯を埋める方向に移動させることが要求されます。重ね合わせ図でそれが確認できます。 図をよく見

八重歯が可愛かったのは昔のこと

八重歯が可愛いかったのは遠い昔のことで、今は積極的に矯正治療をする時代になりました。見た目が悪いだけでなく、もう一つ重要な問題があります。それは犬歯の働きです。八重歯状態にある犬歯は、ただそこにあるだけで機能していない、働いていません。犬歯の役割を説明するには、かなりの紙面が必要なのでここでは「咬む機能のかなめ」とだけ覚えて下さい。 【初診時口腔内写真】 15歳 女子 上下歯列の凸凹の程度はつよく、犬歯は歯列からはじき出されています。 これでは犬歯は機能できません。 【初診時側貌】 頭部エックス線規格写真        平均値との重ね合わせ 青:平均 赤:本人 診断をするうえで、顔の情報は重要です。重ね合わせ図を見てみましょう。極端なズレはなく、骨格のバランスはとれており、きれいな横顔です。 この、きれいな横顔を崩すことのないように歯を並べる必要があります。 【前歯の位置】 次の図は少し変わっていますが見るべきところは一点だけ、青色の下顎前歯の位置に注目してください。これは日本人の下顎前歯の平均的な位置を示しています。この位置を「基準」と呼んでおきます。 歯の数は通常28本あります。矯正治療をする時、目標もなくこの28本がめったやたらと移動したのでは困ります。そこで下顎前歯の移動目標を決めます。それが「基準」です。下顎前歯が基準に近づくように移動させ、残りの歯は下顎前歯を目安に移動させれば歯列全体としては平均に近ずくという寸法です。 青:平均値 赤:本人 本症例の下顎前歯の位置は、たまたま平均値とほぼ一致してます。下顎前歯の移動目標はここです。言い換えると、今の下顎前歯がここか

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square