いつ治るの

November 5, 2019

何年にも渡って装置を使用しているけど改善が見られない。

という話しをたまに聞きますが、いつ治るかわからないようでは困ります。

 

ではなぜこの様なことが起きるのか考えてみましょう。

 

不正咬合には様々な種類があります。同じような症例であっても、その原因はそれぞれ違います。従って、正確な診断をして、症状に見合う装置を選び、その都度調整する必要があります。もしここにミスマッチや調整不良があれば、残念ながら治りません。

指示通り一生懸命に使っても、治るはずがないのです。

これが答えです。

 

私には治す責任があるので、使用する装置には慎重になります。当然のこと、取り外し式装置ではなく、マルチブラケット装置を主に使用します。

 

マルチブラケット装置は歯の移動に、術者の意思を正確に反映させることが出来る優れた装置です。最近の若い人はワイヤー矯正と呼んでいるようです。

しかしながら、いくら優れた装置であっても装置はただの道具にすぎません。

術者が良ければ良い効果を発揮しますが、術者が悪ければ効果がないか、悪い効果を発揮します。

 

つまり、矯正治療で一番重要なのは診断なのです。

きちんと診断が出来ないとか、そもそも診断していないなどは論外。

精確な検査資料を採り、正確に分析して問題点を抽出します。

解決の道すじを立てたなら、丁寧に仕事をすすめていきます。

 

【初診】

13才 男性

通法に従い、検査資料を分析して診断をします。 

本症例は第一小臼歯を抜歯する必要がありました。マルチブラケット治療を開始します。

 

 

 

 

 

 

私の施術するマルチブラケット治療では、最低月一回の来院が必要です。その時にはワイヤーの調整や交換などをします。治療内容によっては月2回が望ましい時期もあります。

 

【治療後】

治療期間 18ヶ月

効率良く治して、矯正装置を外します。

尚、普段は保定装置を装着しています。

 

 

 

 

 

 

治らないのは、歯が動かないか、動き過ぎたかのどちらかです。

確かに矯正治療は難しいものです。誰にもできる仕事ではありません。

難易度の高い症例もあり、その見極めは素人には困難です。うかつに手を出したら最後、とても太刀打ちできないでしょう。

 

何年にも渡って装置を使用しているけど改善が見られない、いつ治るかわからない。

先生の解決策は、しかべき紹介先を考えることです。

患者さんの解決策は、信頼できる先生を選ぶことです。

 

 

 

関連記事

 

70話 矯正の価値は装着ではない、結果です

 

71話 装置と歯並び

 

77話 正しい診断ができない理由

 

Please reload

最新記事

November 11, 2019

November 5, 2019

October 21, 2019

October 15, 2019

September 9, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square