63話 複雑なものは単純にするといい

年齢が上がると歯の移動速度が遅いとか、治療期間が長くかかるとか、そんなことはありません。とくに矯正治療が難かしくなるわけではありません。ただ、差し歯やブリッジなどの補綴物(ほてつぶつ)があったり、歯周病になっている場合は、そちらへの対応が必要になることはあります。

私は基本的に年齢制限はないと考えています。

今回は、歯周病、補綴物、欠損歯という条件のある症例です。

【初診時】

女性。 

人間は一人ひとり違うように、同じ診断はなく、治療方針も個々の症例で違います。

歯周病、補綴物、欠損部位などの条件をふまえて、その時点での最善の方法を考えます。

歯列の凸凹が顕著です。

抜歯部位、スペースの処理に工夫はしますが矯正治療をする上で、いつもとやることは変わりません。














































【治療後】

動的治療期間は1年8ヶ月。

歯並び・咬み合わせは改善しました。色や形は、このあと修正すれば良いでしょう。

保定に移行します。













































初診時の本症例は、歯列の凸凹が顕著で収拾がつかない状態でした。それを治すのが私の仕事です。

検査資料を読み解き、問題点を整理していきます。複雑を単純に、混乱を整頓へと導きます。

成人の矯正治療が、とりわけ難かしいわけではありません。むしろ術者の指示をきちんと守ってくれるのもこの世代であり、歯磨きが良好な点も治療に有利にはたらきます。

これまで矯正治療の機会がなかった方、今日がその機会です。

はじめるのに遅いということはありません。

タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square