42話 二段階治療

ヒトの歯列は、乳歯列(期)→混合歯列(期)→永久歯列(期)と成長します。乳歯列期に不正咬合があったとしても、この時期は治療せず観察します。

乳歯列に隙間がないからといって、歯列拡大など早期に治療する必要はありません。

混合歯列期は、生え変わりの時期に相当します。子どもの矯正治療はこの時期から始めます。永久歯列になり、凸凹の程度によっては必要に応じ、本格矯正を始めます。

矯正治療は成長発育を考慮するため、治療時期を分けて行う場合があります。


今回は、ある一人の治療例を参考にして二段階治療(二期治療)について説明します。


本症例は3歳の時に、反対咬合を気にして矯正相談に来られました。(写真が無いのが残念です)

乳歯列の反対咬合ではありましたが、この時期の治療は必要性ありません。前歯部の生え変わりのときに受診するよう指示しました。


5年後、前歯の生え変わりに際し、凸凹を気にして再相談しました。

検査・診断を経て、治療方針をたてます。


第一段階:①上顎前歯の配列による機能的障害の除去

     ②反対咬合の改善

観  察:永久歯交換の誘導

第二段階:機能的咬合の確立

保  定:観察


【第一段階】

小学2年生 8歳 女子、混合歯列期の前半です。

凸凹や隙間がありますが、現時点で重要なのはそこではありません。

優先順位は反対咬合を治すことです。

反対咬合を放置する危険性についての説明は、ここでは省きます(過去記事参照)。


























6カ月の写真

反対咬合は改善されました。

























上顎の二番目の歯が斜めのままですが、反対咬合になっていないのでこの時点では良しとします。

後で治します。第一段階の目的は達成されました。このあとは観察に移行します。


【観 察】

混合歯列期間は歯の生え変わり、むし歯、顎の成長など定期的に観察します。永久歯が生えるにしたがって歯列の凸凹がつよくなりますが、想定内です。


【第二段階】

中学1年生、12歳。永久歯列になりました。

この時点で、検査・診断をします。

マルチブラケット治療を始めます。














































【保 定】

写真はマルチブラケット治療終了時。動的治療期間は1年7ヶ月。撮影のため保定装置は外していますが、普段は装着して保定しています。















































歯並びの悪いときは、不均衡な状態にあり、本来の機能は発揮されず、効率が低下しています。矯正治療では、不均衡を均衡へと修正します。きれいになっていくに従って機能も上がってきます。このことは、矯正治療の目的でもあります。


第二段階の方針は、「機能的咬合の確立」でした。

美しいものは機能的であり、機能的なものは美しい。私はそう考えます。

さて、本症例は二段階治療を必要としましたが、永久歯列に凸凹がない場合、二段階目の治療をしないことがあります。過去記事「最小限の介入で、効率の良い治療」がこれに相当します。ご参照ください。

タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square