顔を治す

さっそくですが、本症例の診断結果を以下に示します。

①骨格性反対咬合である

②下顎が前に誘導されている

③かつ、左に顎変位していく

④上顎前歯2本の先天欠如

ここに挙げた点について、ていねいに対応していきます。

ただ、ひとつだけ治療を難しくする要素がありました。

それは年齢です。小学6年生の女子でした。もし、あと1年遅いと治療は困難なものと

なります。なぜなら全身の成長に連動して、下顎は増大する傾向があるからです。

幸い、この時承諾を得ることができましたので治療ができました。

【初診時口腔内写真】

小学6年生  女子

反対咬合でありながらも、下顎が向かって右に変位しています(本人の左)。

【反対咬合改善時】

反対咬合は4ヶ月で改善されました。写真は6ヶ月目のもの。

本症例の問題点は

①骨格性反対咬合

②下顎が前に誘導される

③かつ、左に顎変位する

④上顎前歯2本の先天欠如

第一段階の目的である、①②③は改善しました。

検証してみます。

【頭部エックス線規格写真】

初診時と反対咬合改善時

うっすらと、軟組織の横顔が見えます。初診時の横顔は骨格的反対咬合の特徴的な横顔

をしています。原因にアプローチしているので、軟組織の横顔も改善しました。

【重ね合わせ図】

図は脳頭蓋底での重ね合わせです。

初診:実線、反対咬合改善時:点線

2枚のレントゲン写真には6ヶ月の時間差があります。小学6年生 女子、成長期であ

ることを考えると、実線の前方に点線があるはずです。しかし、そうなっていない部位

は人為的な操作、介入による動きです。

1、前頭部:点線は1.0㎜ 前方⇒成長

2、上顎骨:   2.0㎜ 前方⇒治療効果

3、下顎骨:   7.0㎜ 後下方 ⇒治療効果

4、関節付近:  2.5㎜ 後方⇒治療効果

5、横顔の軟組織:上唇部 前方⇒治療効果

         下唇部 後方⇒治療効果

治療効果をまとめます。

上顎骨が前方にけん引されたこと、下顎骨が後方に2.5mm移動、かつ後方回転した。

以上のメカニズムで反対咬合は改善しました。また、骨格の移動に連動して顔の外観、

横顔も改善され美しくなっています。

【顎変位】

左右臼歯部と正中にマークを付けます。

初診時と反対咬合改善時  

向かって右側臼歯の関係に注目、正中も改善しました。ここまで、第一段階の反対咬合

の改善までを説明しました。仕上げの治療は第二段階で行います。

さて、

矯正治療は人間の成長発育に介入します。適切な介入は治療になりますが、不適切な介

入は暴力になります。術者は少しだけ手を施して軌道修正する。正常な成長発育にのっ

たなら、あとは機具を外して観察する。

私は、最小限の介入で、効率よく治療するのが良いと考えています。

根拠のない装置の使用もまた、暴力になりえます。

もしあなたの子どもが、日本矯正歯科学会認定医によらない矯正治療で、拡大装置や床

矯正装置を使用している場合には注意が必要です。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square