34話 ちょっと反対咬合?、すごい反対咬合?   

中学3年生の男子が歯並びを気にして来院されました。 矯正相談は保護者同伴で時間をかけて行います。相談者はこの時点で反対咬合の傾向があるので、私からは顎の成長発育に関する治療を提案しました。もちろん矯正治療をする・しないはご本人の判断なので、治療の押し売りはしません。ですから、相談だけで以後連絡のない場合も多々あります。

今回も、そのパターンでしたので、特に気にしていませんでした。

時が経過して、2年後に再相談に来られました。男子の反対咬合、伸び盛りです。今、どうなっているのか心配です。

【矯正相談時】

中学3年生 写真なし   

【マルチブラケット開始時】

高校2年生、この症例はちょっと反対咬合なのか、すごい反対咬合なのか。あなたはどちらだと思いますか。













































【頭部エックス線規格写真】




【プロフィログラム】

 



黒:平均値  赤:本人

上顎骨は平均的、下顎骨は著しく前下方に位置しています。

下顎の過成長による骨格的反対咬合症例です。


【マルチブラケット治療終了時】

術前の写真と比べてください。左右の写真で、犬歯の関係を見ると改善の程度が分かります。














































本症例は下顎が大きく育ったことによる骨格的反対咬合です。

初診時の写真をもう一度見て下さい。前歯だけ見ると、それ程すごい反対咬合には見えません。ただし、骨格的反対咬合症例では、このような現象があるのです。


説明します。

①下顎骨が著しく突出してくる

②連動して、下顎前歯は上顎前歯から離れていく。

③このままでは、前歯どうしで咬めない。

④歯の傾斜角度で補償し始める。

⑤上顎前歯の外側傾斜、下顎前歯の内側傾斜。

⑥なんとか咬めるようになる。

骨格的なずれがある場合、歯の傾斜で補償され見かけ上、前歯は普通に見える、ということです。私はいつも言っています。反対咬合を甘くみてはいけません。反対咬合が怖いのは、全身成長とともに下顎骨が大きく育っていくことです。


今回の症例の身長をみてみましょう。

相 談:中学3年生の時 168㎝

再相談:高校2年生の時 174㎝

6㎝の伸びです。相談時の写真がないのが悔やまれますが当時より下顎骨は成長し、症状は悪化していると思います。ですから適切な時期に適切な治療が必要なのです。矯正治療単独で治せなくない場合は、大学病院で骨切り術など外科的に治療します。

タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square