27話 八重歯は可愛いか。

テレビなどで活躍する芸能人やアイドルのうち、デビュー当時には八重歯があったのに、いつの間にか八重歯が無くなっている人がいます。あなたは何人、思い出せますか。何故、彼、彼女たちは歯並びを治したのでしょうか。理由は明白です。綺麗になりたいからです。あるいは、仕事上必要に迫られたのかもしれません。役者さんの場合、役柄にそぐわない場合もあるかもしれません。もし戦国武将に八重歯があったらちょっと、ピンときませんね。芸能人でない私たちも、不正咬合を放置することのメリットはありません。


初診時年齢  23歳、 女子


【初診時口腔内写真】














































いつも通り検査・診断をします。ひとくちに、歯の凸凹と言っても、いろんなタイプがあります。

・上顎前突を伴うもの

・反対咬合を伴うもの

・骨格的問題のないもの

・咬み合わせが浅いもの

・咬み合わせが深いもの

・その他

タイプによって術式・手技を変えます。針金の曲げ方、歯の移動の仕方、力加減、移動部と固定部の関係など。ちょっとしたさじ加減が治療効果に影響します。


【マルチブラケット治療終了時】















































歯列から逸脱した犬歯を歯列内に誘導し、咬合に参加させます。働いていない犬歯を働かせるという事です。機能性が上がり、咀嚼の効率が良くなります。また、犬歯は口角の位置にあることで表情をつくります。審美性が上がり、魅力的な笑顔がうまれます。

一方で、八重歯をチャームポイントとする向きが、少なからずあります。そういった需要に対して、「付け八重歯」を提供する歯科医院があると聞きます。こまったものです。

歯科は医療です。病的状態を回復、あるいは悪化を阻止する行為を医療とするならば、付け八重歯はそれに逆行しています。歯科医師に必要な資質にはいろいろあるでしょうが、良心こそ一番大切であると思います。

タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square