上顎前突症 その2


治療期間は1年6か月。その間、一か月に一度来院する必要があります。

治療内容によっては二度の方が効率のよいこともあります。

歯を抜くことを「抜歯 ばっし」といいます。

矯正歯科学の分野では「抜歯か非抜歯か」の基準や抜歯分析方法が確立されています。全ての症例はその判定にのっとって治療されます。

今回は上顎第一小臼歯の左右をそれぞれ抜歯する必要がありました。

機能的な咬合が確立され、審美的な改善も得られました。顔の外観では、口元の突出感は改善され、きれいな横顔になりました。

矯正歯科には可能性があります。

わたしの持っている技術が患者様の幸せの手助けになれば幸いです。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square