装置と歯並び

July 29, 2019

私が矯正治療について考えるときは、歯と顎を分けて考えます。

例えば、成人で歯列に凸凹がある症例といっても、以下に示すように上下顎の関係性は様々です。

 

①上下顎の前後関係が上顎前突傾向のもの

②上下顎の前後関係が反対咬合傾向のもの

③上下顎の前後関係が正常なもの

③上下顎が共に突出しているもの

④上下顎の垂直的関係が接近しているもの

⑤上下顎の垂直的関係が離れているもの

⑥その他

 

ざっと考えてもこれだけあります。

 

当然のことながら、治療方法はそれぞれ変える必要があります。

単に歯列の凸凹を解消するのみならず、上下顎の関係、顎顔面全体への配慮が求められます。実際の臨床では口腔周囲筋、習癖、補綴物その他いろいろな条件があり、治療を複雑にします。

 

【初診】

 

18才 女性

検査資料を分析した結果、骨格的な問題はありませんでした。上記③に相当します。

一方、凸凹の程度は著しく、抜歯分析は抜歯判定となりました。

 

 

 

 

 

 

本症例をみて顎が狭いという人がいるかもしれません。

 

ちまたでは、顎が狭いと理由を付けて(実際には狭くない)、矯正治療に勧誘する歯科医師がいたり、狭くない顎を拡げることで事故が起きています。最初から、歯列の拡大の話しが出たら、気をつけたほうがいいでしょう。

 

顎の狭さを論ずるには模型分析が必要です。

模型分析で得られた、骨の幅と歯列の幅のデータを平均値と比較して、やっと顎の狭さが判定できるのです。

 

だから「見た目やレントゲン写真からは顎の狭さは判断できない」のです。

 

【治療後】

 

 

 

 

 

 

歯列の凸凹は解消され、きれいな歯並び・咬み合わせになりました。

顔の写真は掲載していませんが、もともと綺麗な横顔のシルエットを崩すことなく仕上げています。

 

使用した矯正装置はマルチブラケット装置、ブラケットとワイヤーからなる矯正装置です。この装置の優れた点は、私の意思を確実に反映してくれことです。すなわち、この歯を何ミリ後ろに移動、何度右へ・左へ回転、あの歯は移動させない、という具合に、術者の舵とりで微妙な調整が可能です。矯正装置は「力」を歯に伝達する道具なので、私の要求に足るものでないと困ります。マウスピース矯正でそれが出来るかどうか、はなはだ疑問なところです。

また、どんな矯正装置を使用したところで、術者に知識と技術が備わっていないと、治るものも治りません。

矯正治療を考える場合は、装置よりも結果を重要視すべきです。

 

 

Please reload

最新記事

November 18, 2019

November 11, 2019

November 5, 2019

October 21, 2019

October 15, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square