矯正治療のはなし

​工藤 泰裕
もくじ内のタイトルをタップすると
本文にジャンプできます

2020/01/27

歯列に凸凹のある症例です。

検査資料を精査した結果、非抜歯で治療可能です。

さて、この症例、よく見るとちょっとだけ違和感があります。

歯の形を左右で見比べていきます。

下顎歯列の写真で、向かって右側の臼歯部に一本だけ形の違う歯があることに気付きましたか。

レントゲン写真で確認してみましょう。同部位にあるのは乳歯です。後続の第二小臼歯は先天欠如です。

【初診】

12才 男子

歯列の凸凹を気にして矯正相談のため来院しました。

向かって右側の臼歯部にあるのは乳歯です。後続の第二小臼歯は欠損しています。

【治療後】

非抜歯でマルチブラケット治療を施術。

治療期間...

2020/01/20

不正咬合であっても、治療をしない人はいます。

それはそれで良いでしょう。何事もご本人の意思が尊重されるべきです。

だだ、どんどん悪くなって行く様を目の当たりにした時には、残念に思います。

学校歯科検診において、反対咬合の症状が去年より悪化している児童に会うときは複雑な気持になります。私は所定の書式に反対咬合であることを記載することは出来ますが、それ以上のことは出来ません。その後、専門機関を受診する・しないはご両親の判断にゆだねられます。

不正咬合は適切な時期に適切な治療をすれば治ります。しかし、なにもしなければ治りません。

適切に治療した症例...

2020/01/14

今回の症例は矯正相談をした後、すぐには治療せず「観察」にしました。

矯正治療は適切な時期に適切な治療をするのがベストであり、そのタイミングを見極めるためには待つことも重要です。

ただし、自分で判断せず矯正歯科に明るい歯科医師に相談して下さい。

【症例1】

3才 男子

上下の前歯が接触せず離れていることを気にしての矯正相談です。

ご両親の心配はよくわかります。しかしこの時点では積極的な治療の必要はありません。

【症例2】

5才 女子

向かって左側(本人の右側)の乳犬歯が逆になっています。

下顎全体が左にズレて、正中もそれに連動しています。

要注意な症例です...

Please reload

最新記事

February 25, 2020

January 14, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square