矯正治療のはなし

​工藤 泰裕
もくじ内のタイトルをタップすると
本文にジャンプできます

2018/12/25

ヒトの歯列は、乳歯列(期)→混合歯列(期)→永久歯列(期)

と成長します。

乳歯列期に不正咬合があったとしても、この時期は治療せず、観察します。

乳歯列に隙間がないからといって、歯列拡大など早期に治療する必要はありません。

混合歯列期は、生え変わりの時期に相当します。

子どもの矯正治療はこの時期から始めます。

永久歯列になり、凸凹の程度によっては必要に応じ、本格矯正を始めます。

矯正治療は成長発育を考慮するため、治療時期を分けて行う場合があります。

今回は、

ある一人の治療例を参考にして二段階治療(二期治療)について説明します。

本症例は3歳の時に、反...

2018/12/17

子どもの反対咬合は、適切な時期に適切な治療をしなくてはいけません。

とくに横にズレるタイプは放置することのないようにして下さい。

全ての症例は検査資料を採り、診断をして治療方針をたてます。


今回は、小学3年生 男子 反対咬合症例です。

本症例の治療方針は

第一段階:上顎前歯の配列による反対咬合の改善

観  察:側方歯交換の誘導

第二段階:機能的咬合の確立

保  定:配列後の観察

治療は二段階に分けて、それぞれの時期に行います。

【第一段階】

小学3年生

反対咬合です。さらに、下顎が向かって左にズレています(本人の右)。

術者はズレの原因を正確に把握しておく...

2018/12/10

過去記事に埋伏歯①があります、今回は②です。

あなたは、この症例をどう考えますか、一緒に診ていきましょう。

【初診時口腔内写真】

17歳 女子

正面に歯が縦にふたつあります。

過剰歯でしょうか。それと、前歯の形が左右で違います。

向かって右の前歯(本人の左)の先端はやむをえず削ったのでしょう。

向かって左上の第二小臼歯が90度回転しています。

左右の犬歯の位置にある歯は、犬歯ではなく第一小臼歯です。

では犬歯はどこに、先天欠如か、埋伏か。それに反対咬合の傾向があります。

【初診時レントゲン写真】

レントゲン画像で分かりました、両側の犬歯の埋伏です。

埋伏歯...

2018/12/03

前回のテーマは「顔を治す」でした。

矯正治療では、歯の凸凹を治すだけではなく顔の外観も変えることができます。

反対咬合は反対咬合の顔、上顎前突は上顎前突の顔をしておりそれぞれの特徴を有して

います。また、口元がもっこりした感じの場合、正しい診断と治療技術によって改善で

きます。

今回は上顎前突症例を紹介します。

【初診時口腔内写真】

中学3年生 女子

上の前歯が出ているのを気にして来院されました。

正確な検査、正しい診断をします。

矯正治療をはじめます。 

【マルチブラケット治療終了時】

動的治療期間は1年10ヶ月

【頭部X線規格写真】

頭部エックス線規格写真...

Please reload

最新記事

February 25, 2020

January 14, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square