矯正治療のはなし

​工藤 泰裕
もくじ内のタイトルをタップすると
本文にジャンプできます

2018/07/20

反対咬合の治療時期は、早ければいいというものではありません、

しかし、遅いのも困ります。適切な時期がありますので、矯正歯科認定医に相談してく

ださい。ひとつだけ覚えてほしいことがあります。

それは、小学校の高学年になると背が大きくなるのにともなって、下顎も増大する傾向

がある。という点です。放置することのないように周囲の大人は気をつけてください。

さて、

今回の症例は小児期の反対咬合です

女子、初診時年齢 9才

通法に従い、検査・診断をします。

この症例の全体像は「下顎の大きさが大きいのに加え、上顎の前歯が内側に傾斜して

反対咬合になっている」状態でし...

Please reload

最新記事

February 25, 2020

January 14, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square